/

この記事は会員限定です

避難者なお390人 福島・双葉町支える埼玉県加須市

[有料会員限定]

2011年3月11日に発生した東日本大震災からまもなく10年がたつ。埼玉県や加須市は東京電力福島第1原発事故によって全町避難を余儀なくされた福島県双葉町の人々を支援してきた。加須市内には今も約390人の双葉町民が住む。震災から得た被災者支援を巡る課題や教訓を探る。

「前例のないプロジェクトだった」。震災時、埼玉県知事だった上田清司参院議員は双葉町民の受け入れを決めた当時の心境を振り返る。双葉町民を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1106文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

東日本大震災10年

インフラ整備や産業・文化の復興、原発、防災、そして地域に生きる人々の10年とこれからをテーマにした記事をお届けします。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン