/

この記事は会員限定です

小さな自治体のワクチン接種 山梨県内、工夫急ぐ

[有料会員限定]

新型コロナウイルスのワクチン接種を円滑に実施するため、山梨県内でも準備が進む。ただ、27市町村のうち9町村は人口が1万人以下で、なかでも3町村は1千人に満たない。小規模の自治体は医療従事者が少なく、診療所が1カ所しかない場合もある。一方、高齢化率が高く、ワクチンの優先接種が予定される高齢者への集団接種に向け工夫が必要となっている。

忍野村は人口約9700人、山中湖村は約5800人、西桂町は約430...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1271文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン