/

この記事は会員限定です

千葉県知事選に新人8人、緊急事態下で異例の選挙戦に 

(更新) [有料会員限定]

任期満了に伴う千葉県知事選が4日告示され、過去最多の新人8人が立候補した。3期務めた森田健作知事は出馬せず、12年ぶりに県のリーダーが変わる。21日の投開票へ舌戦が始まったが、緊急事態宣言が首都圏で再延長される見通しでコロナ下での異例の選挙戦となる。

立候補を届け出たのは、いずれも無所属新人の前千葉市長、熊谷俊人氏(43)、元予備校講師、金光理恵氏(57)=共産推薦、元県議、関政幸氏(41)=自民...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1644文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン