/

この記事は会員限定です

「光るキーボード」で寄付額7倍 相模原市のふるさと納税

ふるさと納税 わがまちの逸品

[有料会員限定]

政令指定都市の中で財政規模が最も小さい相模原市で、2020年度のふるさと納税の寄付額が前年度比7倍のペースで急増している。けん引するのが1年前に返礼品に加わった東プレのパソコン用キーボードだ。一番人気は「光るキーボード」。同市の新たな「特産品」となりつつある。

返礼品に登録している東プレのキーボードは18種類。中でも「リアルフォースRGB」(寄付額7万1000円)はキーの隙間がカラフルに光るのが特徴で、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り675文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン