/

この記事は会員限定です

東京23区、保育所入りやすく 21年春の倍率1.00倍に

[有料会員限定]

東京23区と首都圏の政令指定都市で、認可保育所の募集枠に対し、4月入所を申し込んだ人の倍率が平均1.00倍になっていることが、日本経済新聞の調査でわかった。2020年4月の1.11倍から低下した。施設整備が進んだ結果、1倍未満が9市区増の17市区となり、保育所へ入りやすい自治体が増えている。

2月上旬から3月上旬、23区と5政令市に対し認可保育所や小規模保育所などの1次申し込み状況を調査した。募集...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り361文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン