/

この記事は会員限定です

サクラエビ自主規制「漁期途中でも見直し可能に」

[有料会員限定]

不漁が続くサクラエビ。漁業者でつくる静岡県桜えび漁業組合(静岡市)の実石正則組合長は日経グローカルのインタビューで、資源保護のための自主的な漁獲規制について「海の状態に合わせて内容を漁期の途中で見直せるようにしたい」との考えを示した。

国内では駿河湾でしか水揚げされないサクラエビは2018年以降、歴史的な不漁に見舞われている。漁業者は同年から自主規制を導入。20年11~12月の秋漁でも、体長35...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1118文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン