/

車中用の非常食セット 石井食品、高速道の大雪被害で

3食分の食事や飲料水を詰め合わせた

石井食品は車を運転中に大雪などの災害で立ち往生した際、車内で食べられる非常食セットを開発した。おかゆやおかず3食分のほか、飲料水3本を詰め合わせた。発熱材も同封し、料理を温めることもできる。ネット上での試験販売を経て、本格販売への移行を検討する。

2020年12月に関越自動車道で多くの車が大雪に閉じ込められたことから、災害復興支援団体の日本笑顔プロジェクト(長野県小布施町)と共同で商品開発に着手。セットメニューにはおかゆやキノコのつくだ煮、豚肉の煮物をそろえた。価格は4400円で、1月から限定100セットを試験的に販売している。

石井食品の担当者は「車中の非常食はニーズがあるものの、本格的に手掛けている企業は少ない」と話す。新型コロナウイルスの影響で代表商品のミートボールは弁当需要が減っており、非常食を新たな収益源に育てたい考えだ。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン