/

この記事は会員限定です

買収後、事業も再生 カーライフサービス多摩車両

私たちの事業承継

[有料会員限定]

カーライフサービス多摩車両(東京都昭島市)は終戦直後の1945年10月、占領軍の車両整備需要を見込んで創業した、自動車整備工場では老舗の会社だ。創業者一族として3代目の社長である高橋伸介氏(63)は2010年代から経営と事業承継に悩んでいた。

50歳代に持病で体調を崩したこともあり経営に身が入らなかった。借入金が膨らみ業績が年々悪化していた。独身のため子はおらず、業績が振るわない会社の経営を任せら...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り720文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン