/

神奈川・鎌倉舞台の大河ドラマで推進協議会 地元官民

2022年に放送予定のNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の舞台となる神奈川県鎌倉市などの官民が地域活性化を担う推進協議会を設立した。期間限定で運営する「大河ドラマ館」などを生かした観光振興やイベントの企画、オーバーツーリズム(観光公害)対策などに取り組む。

神奈川県鎌倉市などの官民が推進協議会の設立総会を開いた(3日)

3日、オンライン会議を組み合わせ、鎌倉市で設立総会を開いた。鎌倉商工会議所の久保田陽彦会頭が協議会の会長に就任し、商議所や市に加えて同市観光協会、鶴岡八幡宮などがメンバーとなった。大河ドラマ館の運営や周辺の観光振興に加え、独自のロゴマークやキャラクターの企画などを部会で検討する。

「鎌倉殿の13人」は三谷幸喜さんが脚本を手掛け、主人公の北条義時を小栗旬さんが演じる。久保田会長は新型コロナウイルスの感染拡大を念頭に「とにかく鎌倉を元気に、日本中を元気にしたい」と強調。松尾崇市長は「鎌倉の歴史文化を再認識していただく好機で、コロナ禍で疲弊した鎌倉に活気をとりもどす機会になる」と期待を述べた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン