/

茨城県信用組合、高齢者のカード支払限度額引き下げ 

茨城県信用組合(水戸市)は4月1日からATMでキャッシュカードを使って現金を引き出す高齢者を対象に、1日当たりの支払限度額を50万円から20万円に引き下げる。カードで1年以上引き出していない70歳以上の利用客が対象。詐欺被害のリスク軽減につなげる。

茨城県信用組合の渡辺武理事長㊨がいばらき被害者支援センターから感謝状を贈呈された(1日)

あわせて犯罪被害者や家族への支援にあたる、いばらき被害者支援センター(同)から感謝状を贈呈されたことも発表した。1998年から賛助会員として寄付などの支援活動をしてきた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン