/

この記事は会員限定です

店舗運営の効率化加速 埼玉県内の地銀・信金

[有料会員限定]

埼玉県内の金融機関が店舗運営の効率化を加速している。複数の店舗を1カ所に集める「店舗内店舗」の導入が進むほか、デジタル化による省人化の試みも広がる。県内では高齢化が今後急速に進展する見通し。店舗のあり方を見直し、人口減社会に対応できる営業体制をつくる。

埼玉県信用金庫は2022年度までに支店の拠点数を現在の85カ所から、80カ所とする方針を掲げている。22日には長瀬支店を毛呂山支店内へ移転し、店舗...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り644文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン