/

この記事は会員限定です

科博、茨城県筑西市に「新航空博物館」 年内にも開館

[有料会員限定]

国立科学博物館(東京・台東)は3日、茨城県筑西市のテーマパーク「ザ・ヒロサワ・シティ」に「科博廣澤航空博物館」を年内にも開館すると発表した。戦後初の国産旅客機「YS11」の量産初号機をはじめ、日本の航空機の歴史を伝える機体などの資料を展示する。民間企業と連携して常設の博物館を運営するのは国内で初めてという。

科博の林良博館長とパークを運営する廣沢グループの廣沢清会長がザ・ヒロサワ・シティで会見した...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り380文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン