/

この記事は会員限定です

ワクチン接種、履歴管理カギに 首都圏自治体が対策

[有料会員限定]

新型コロナウイルスのワクチン接種に備え、首都圏の自治体が住民の接種履歴など情報管理の体制づくりを進めている。政府は住民基本台帳を基盤に情報を一元管理するシステムを構築する方針だが、まだ詳細が見えない。いかに混乱なく接種を進めるか、自治体の手探りが続く。

政府が2月下旬以降に接種開始を予定するワクチンは一定期間をおき、同じ種類を2回打つ。1回目に打った時期や種類を適切に管理する必要がある。早ければ4...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り954文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン