/

この記事は会員限定です

ハヤシワックス、白銀の世界で存在感 山形の主婦創業

[有料会員限定]

スキーやスノーボードの滑りを左右するワックスで、山形県鶴岡市の主婦が作ったブランドが存在感を増している。消しゴムほどの大きさで1万円という製品もある世界に、安価で塗りやすいとファンをつかむハヤシワックスだ。海外でも販売が始まり、家族経営で世界に挑む。

「テストで使ったら性能がよく、欧州の製品にもひけをとらない」と語るのは、1980年前後に世界で活躍したスキーヤーの海和俊宏氏。海和氏がスーパーアドバ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1067文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン