/

医療逼迫の栃木県、福田知事「手放しで解除喜べず」

記者団の取材に応じる栃木県の福田知事(2日、栃木県庁)

栃木県の福田富一知事は2日、緊急事態宣言の対象区域から県が外れたことについて「医療提供体制の負荷を考えると、手放しで喜べる状態ではない」と記者団に述べた。新型コロナウイルスの新規感染者数や検査陽性率は改善しているが、病床使用率や療養者数が高止まりしており「気を緩めることはできない」と引き続き感染防止に取り組むよう県民に訴えた。

4日の新型コロナ対策本部会議で、解除後の県の対処方針を決定する予定。飲食店への時短要請については「(対象地域や営業時間など)段階的な解除をする」と述べるにとどめた。3日までに県が案をまとめ、有識者会議の意見も踏まえて決める。

福田知事は緊急事態宣言の効果に関し「情報発信の量が格段に違う。県独自の医療危機警報や警戒レベルの引き上げの数十倍の威力があった」と評価した。一方で「解除も指定も国の意見で決まった。県が意見を求められることはなく、報告しかない」と不満も漏らした。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン