/

この記事は会員限定です

宇都宮LRT、駅西側5キロメートル整備へ 公表は先送り

[有料会員限定]

宇都宮市はJR宇都宮駅東側で先行整備中の次世代型路面電車(LRT)について、駅西側では栃木県教育会館付近まで約5キロメートル整備する方向で最終調整に入った。総延長は約20キロメートルとなる。ただ、東側区間の整備遅延や事業費上振れに伴う混乱を受け、2020年度中を予定していた公表時期は先送りするもようだ。

宇都宮LRTは全国で初めて全線を新設するLRTで、JR宇都宮駅を横断して市の東西を結ぶ。駅東側...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り786文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン