/

この記事は会員限定です

診療所でワクチン接種 「練馬区モデル」に注目

(更新) [有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染対策の決め手として期待されるワクチン接種が、日本国内でも2月中旬から始まる見通しとなった。自治体が担う接種体制には主に、大規模な会場に住民に集まってもらう「集団接種」方式と、住民それぞれが接種できる医療機関に申し込む「個別接種」方式がある。1月下旬に厚生労働省と川崎市が行った接種会場の合同運営訓練では、会場に川崎市立看護短期大学(川崎市)の体育館を利用。集団接種で1日300...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り717文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン