/

東北電力、青森県東通村に企業版ふるさと納税10億円

東北電力は2日、企業版ふるさと納税制度を活用して、青森県東通村の地域再生計画に対して計画期間の2020年度から24年度の5年分として10億円を寄付すると申し出たと発表した。同社は18、19年度、企業版ふるさと納税制度を活用し寄付しているが寄付額は非公表だった。

寄付の理由として同社は「地域社会との共栄」が経営理念であることや「東通原子力発電所の所員・家族が様々な形で地域社会にお世話になっていること」などを挙げたうえで、企業の社会的責任(CSR)の観点から寄付を決めたとしている。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン