/

この記事は会員限定です

千葉県や船橋・浦安市、行政手続きで押印廃止 7~8割で

[有料会員限定]

千葉県や船橋市、浦安市が行政手続きで必要としていた押印の大半を4月から廃止した。手続きの7~8割で押印がなくても申請書類などを受け付ける。県内では千葉市が2014年から全国に先駆けて押印を廃止したが、行政のデジタル化を促す国の方針もあり、県内自治体で「脱はんこ」が進みそうだ。

船橋市は押印を求めていた約5500件の書類のうち約7割の3843件で押印を不要とした。市営施設の利用許可や中小事業者の利子...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り369文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン