/

福島県富岡町の復興産業団地にテントメーカー進出

福島県富岡町は倉庫などに使う業務用テントメーカー、スカイブルー(三重県いなべ市)と富岡産業団地への立地協定を結んだ。同社は約6000平方メートルの土地を賃借し7月の操業開始を目指して工場を建設する。富岡産業団地は原発被災地の富岡町が産業の復興を目指して国の補助を受けて造成した。事業用地は約22ヘクタールで2020年春に一部の供用が始まった。スカイブルーを含めた10社が進出を決め、全体の約6割の処分が決まったことになる。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン