/

この記事は会員限定です

液状化や津波の対策、首都圏自治体の試行錯誤続く

東日本大震災10年 首都圏の備え(上)

[有料会員限定]

東日本大震災は地盤の液状化や建物の損壊をはじめ、首都圏に大きな被害をもたらした。苦い記憶や教訓を踏まえ、各自治体は将来の首都直下地震などを想定した防災対策に力を入れてきた。災害に強い街づくりは10年間でどこまで進んだのか。首都圏各地の取り組みを検証する。

「浦安にとって液状化対策はこれからも『1丁目1番地』の事業だ」。千葉県浦安市の防災担当者は力を込める。市域の多くが埋め立て地の浦安市は震災当時、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1114文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

東日本大震災10年

インフラ整備や産業・文化の復興、原発、防災、そして地域に生きる人々の10年とこれからをテーマにした記事をお届けします。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン