/

関東鉄道とJRバス関東、境町と東京駅結ぶ高速バス新設

スマホ充電装置も完備

関東鉄道(茨城県土浦市)とジェイアールバス関東(東京・渋谷)は7月1日、茨城県境町と東京駅を結ぶ高速バス路線を新設する。境町は企業誘致などに積極的な一方、鉄道最寄駅まで40分程度かかるなどアクセスが不便で、都心と乗り換えなしで直結する高速バスの需要が見込めると判断した。

このほど国土交通省関東運輸局に路線新設の認可を申請した。上りは境古河バスターミナルから圏央道、東北道、首都高速道路を経由し、東京駅日本橋口まで約1時間40~50分で結ぶ。王子駅にも停車、JR京浜東北線や東京メトロ南北線に乗り換えられる。下りは東京駅八重洲南口から乗車し、所要時間は80分。

東京都心と乗り換えなしで直結する(関東鉄道の高速バス)

1日16便(8往復)を運行し、料金は大人1700円。交通系ICカードを利用すると1500円に割り引く。都心への通勤・通学需要を見込み、割引率の高い定期券も導入する。1カ月の通勤定期の場合、49%の割引で料金は5万2千円。

全席リクライニングシートで、スマートフォンの充電用コンセントも完備する。新型コロナ感染防止のため車内の空気が約5分で入れ替わる換気装置のほか、関東鉄道のバスには除菌や消臭効果があるとされるプラズマクラスターイオン発生装置も設置する。境古河バスターミナルには利用者専用の無料駐車場も設け、マイカーからの乗り継ぎ客にも配慮する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン