/

この記事は会員限定です

都内自治体、ワクチン準備急ぐ 豊島区は3種類の会場で

[有料会員限定]

新型コロナウイルスのワクチン接種の具体的な方法を打ち出す東京都内の自治体が増えてきた。練馬区は主に住民に身近な診療所で接種してもらう方針で、高齢者は6週間で2回の接種を終える想定。豊島区は3種類の接種会場を用意する。多くの住民を対象としたワクチン接種は久しく実施例がなく、各自治体は準備を急いでいる。

政府が2月中旬以降に医療従事者への接種を目指す米ファイザー製のワクチンはマイナス75度での冷凍保存...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り936文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン