/

この記事は会員限定です

IoTで水害検知し警報、応用地質が千葉・大多喜町と実証

[有料会員限定]

地質調査の応用地質は千葉県大多喜町と連携し、あらゆるモノがネットにつながる「IoT」技術を水害対策に生かす実証実験を同町で始めた。豪雨による河川の増水や越水の兆しを通信機能のあるセンサーやモニターカメラで検知し、近隣住民に警告灯で危険を知らせて避難を促す。

町内を流れる夷隅(いすみ)川が過去に氾濫した経緯もあり、機器の作動や運用の課題などを検証する。町が避難に向けた準備や避難勧告の目安とする同川の支流に水...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り248文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン