/

この記事は会員限定です

茨城・つくばみらい市、EVバス導入 県内初

[有料会員限定]

茨城県つくばみらい市は4月にも電気自動車(EV)バスをコミュニティーバスとして運行を開始する。同市は国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」の実現に向けたまちづくりを進めている。環境性能に優れたEVバスを県内で導入するのは初めてという。

2日に市役所伊奈庁舎で出発式が開かれた。小田川浩市長は「(温暖化ガス排出の実質ゼロを目指す)ゼロカーボンシティに向けてEVバスが今後、重要なポジションを占めてくる...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り339文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン