/

この記事は会員限定です

埼玉県でワクチン接種訓練、緊急時対応に課題

[有料会員限定]

新型コロナウイルスのワクチン接種が本格的に始まるのを控え、埼玉県内の自治体が訓練を進めている。受診者や医師・看護師らの動線や作業手順を確認し、円滑に接種を進めるねらい。訓練で浮かび上がった課題もあり、県や市町村は本番に向けて改善に取り組む。

さいたま市は4月以降に始まる高齢者への接種を想定し、市立高等看護学院で接種会場の運営訓練を2月27日に開いた。市職員や市医師会、看護学院の生徒ら約180人が参...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り870文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン