/

ヤマハ、遠隔応援サービスを提供開始

ヤマハはスポーツなどの試合会場に遠隔で声援を届けるサービス「リモートチアラー」を正式に始めた。これまで実験的に提供してきたベータ版を改良し、スマートフォンアプリとして提供する。実況や解説の機能を新たに追加した。無料で使える。

リモートチアラーは、アプリ上で「歓声」や「拍手」ボタンを押すと、録音された音声がスタジアム内のスピーカーから流れ、選手に声援を届ける。自宅でテレビ中継を見ながら応援に参加できる。新機能の「トークルーム」は、利用者が仮想の部屋に集まり、実況や雑談をしながら観戦を一緒に楽しめる。

サッカーJリーグでは13クラブが参加を表明しており、一部の試合ですでに採用された。他競技への導入も視野に入れる。新型コロナウイルスの影響でスポーツの試合では観客数を制限する動きが続きそうで、高い需要を見込む。米アップルの基本ソフト(OS)の「iOS」と米グーグルの「アンドロイド」に対応した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン