/

この記事は会員限定です

共生社会実現へ ホストタウン、コロナ下で知恵絞る

[有料会員限定]

パラリンピック選手の受け入れを通じ、障害者も暮らしやすいまちづくりを目指す全国のホストタウンが共生社会実現に力を入れている。ただ、新型コロナウイルス禍の影響で計画通り進んでいないケースも少なくない。課題を乗り越えるため、自治体はそれぞれ懸命に知恵を絞っている。

「タイのチームを受け入れる取り組みがバリアフリーのまちづくりの後押しになっている」と語るのは秋田県大館市の都市計画担当者だ。コロナ禍に伴う...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り740文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン