/

この記事は会員限定です

日鉄エンジ、千葉・君津で公共施設に電力 ごみ発電活用

[有料会員限定]

日鉄エンジニアリングは千葉県内で電力の地産地消に乗り出した。出資するごみ処理施設運営会社、かずさクリーンシステム(木更津市)で発生する電力を買い取り、君津市の学校など公共施設22カ所に供給を始めた。脱炭素社会を目指す自治体の取り組みに協力する。

かずさクリーンシステムは両市を含む君津地域の4市と民間3社が出資し、1998年に設立した。4市で発生した一般ごみなどを処理する。焼却処理の熱から生み出した...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り196文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン