/

この記事は会員限定です

北関東3県の入庁式、縮小や会場変更 対応分かれる

[有料会員限定]

北関東3県では新型コロナ2年目の今年、新規採用職員の辞令交付式で対応が分かれた。式典を縮小するほか、開催場所を変えて実施したり、中止したりする県もあった。縮小したのは茨城県で、例年は講堂に新規職員を集めていたが、今回は代表者2人だけが出席する交付式に変更。厚生総務課に配属された荒木智也さん(22)は「コロナ禍という喫緊の課題にかかわれる。県民のお役に立ちたい」と述べた。

大井川和彦知事はビデオメッ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り429文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン