/

リプロセル、「スマートアンプ法」でPCR検査サービス

試薬製造などを手掛けるリプロセルは1日、新型コロナウイルスのPCR検査サービスを始めた。神奈川県衛生研究所や理化学研究所が開発した迅速検出法「スマートアンプ法」の技術を使い、郵送で実施する。検出法は変異ウイルスにも対応し、感染の有無を調べたい企業や個人などの利用を想定。当面は月1万~3万件の利用を見込む。

郵送で検体を返送してもらい、スマートアンプ法で検査する

理研発スタートアップのダナフォーム(横浜市)と技術提携して始めた。検査は税別8800円で、キットを自宅に郵送し、綿棒状の「スワブ」を口に含み唾液を採取。そのスワブを輸送中に2次感染のおそれがない不活化剤に入れて返送してもらう。検体の到着後、24時間以内に結果を通知できるという。

リプロセルによると、スマートアンプ法は従来のPCR検査に比べ、ウイルス変異の影響を受けにくく偽陽性のリスクを抑えられるなどのメリットがある。同社は企業による従業員向けの定期的な検査や、帰省時などの検査を想定しているという。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン