/

ねぶたの技法でアート作品 青森市内28カ所で展示

ねぶたの技法を用いて新しい小型のアート作品を創生するプロジェクトの作品展示が1日、青森市内の観光施設などで始まった。2020年夏の青森ねぶた祭が新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止になったことから、青森市がねぶた師を支援するために企画した。ねぶたの魅力をアートとして発信する。

青森市の小野寺晃彦市長(右)に説明するねぶた師の竹浪比呂央さん

冬のねぶたということで、主に白の紙と白い光を基調とした作品を13人のねぶた師が3体ずつ制作した。ねぶた師でプロジェクト実行委員長の竹浪比呂央さんは「ねぶた師の新たな挑戦で、夏のねぶたとは全く別の作品。芸術に近づける努力を続けていきたい」と話した。

ねぶたの技法で制作した新たな作品(青森市役所)

28日まで青森市役所、浅虫温泉を含めた旅館・ホテル、青森公立大学国際芸術センターなど28カ所で計39体を展示する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン