/

この記事は会員限定です

ギョーザ「三国志」到来? 浜松、宇都宮に続き宮崎台頭

[有料会員限定]

「餃子(ギョーザ)の街」を巡る争いが三つどもえの様相を呈している。総務省が5日発表した2020年の家計調査によると、1世帯当たりのギョーザ購入額で浜松市がライバルの宇都宮市を抑えて2年ぶりに日本一になったが、今年は2強が長年繰り返してきた首位争いに宮崎市が食い込んできた。コロナ下での巣ごもり需要を捉えた。新たな常態のもと消費の構造が変わるなか、「餃子三国志」時代の到来なるか。

5日午前8時40分...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1360文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン