/

この記事は会員限定です

「被災地を持続可能なふるさとに」 生島ヒロシさん

東日本大震災10年 復興への思いを聞く

[有料会員限定]

東日本大震災からまもなく10年。被災地と関わりの深い各界の人たちが復興をどう見つめ、今後の地域づくりをどう考えているのか聞いた。初回は宮城県気仙沼出身で震災で妹を亡くしたアナウンサーの生島ヒロシさん。

――生まれ育った宮城県の気仙沼市はどんな町でしたか。

「元気でにぎやか、すごく活気があった。実家は魚市場から1キロメートルくらいのところにあって、住所もまさに『港町』。食堂を営んでいて、船員さんが食...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2189文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

東日本大震災10年

インフラ整備や産業・文化の復興、原発、防災、そして地域に生きる人々の10年とこれからをテーマにした記事をお届けします。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン