/

この記事は会員限定です

神奈川で中学校給食導入相次ぐ 全国では実施率最低

[有料会員限定]

公立中学の給食導入率が全国で最も低い神奈川県内で、中学校に給食を導入する動きが相次いでいる。調理施設の新設や配達弁当で提供する自治体が増えているほか、弁当から配膳式の温かい給食に切り替える動きもある。保護者からの根強いニーズに応える形で給食導入が広がっている。

横須賀市は9月の給食開始に向け、閉校した旧平作小学校の跡地に給食センターを建設している。これまでは中学校で弁当を販売するなどしていたが、9...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り847文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン