/

この記事は会員限定です

サイバー防衛力の格付け広がる 「落第企業」取引停止も

[有料会員限定]

サイバー攻撃への防衛力を格付けするサービスを導入する企業が増えている。欧米企業が先行し、日本でも資生堂などがグループ会社のチェックに使い始めた。取引先の状況を検証し、「落第点」なら取引停止を検討する例も出ている。各社でばらつきのあるサイバー防衛力を客観評価することが重要になっており、信用格付けのように普及する可能性もある。

脆弱性をチェック

「御社の海外拠点のシステムに重大な脆弱性を発見した。す...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1424文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン