/

この記事は会員限定です

「脱炭素」圧力、LNGにも 中国電とJFEが発電所を断念

[有料会員限定]

脱炭素の圧力が石炭と比べ環境負荷が低い液化天然ガス(LNG)発電でも高まってきた。中国電力とJFEスチールは31日、千葉市でのLNG発電所の建設を断念すると発表した。原子力発電所の再稼働が進まずに主力電源のLNG発電所の操業も難しくなれば、再生可能エネルギーの開発を急ぐ必要性が一層高まる。

JFEは同日「卸電力のスポット価格の低迷など事業環境を総合的に踏まえて判断した」とコメント。中国電力も環境対策設備な...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1258文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン