/

この記事は会員限定です

日産、重いEVを3Dプリンターで軽く

(更新) [有料会員限定]
NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

日産自動車が3Dプリンターを使った車製造を急いでいる。脱炭素の流れのなかで車の電動化に伴い重くなる車両を軽くする必要に迫られているからだ。先行する欧州メーカーは試作だけでなく、市販車への活用を始めている。世界初の量産タイプの電気自動車(EV)を世に出した日産の巻き返しが始まる。

「少量生産車では2025年には3Dプリンターで多くの部品製造が自動化されているかもしれない。ゲームチェンジが起こる」。日産のパワー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1718文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン