/

LINE、規約改定でデータ移転先明記 韓国、ベトナムなど

個人データの海外移転先を明示した

LINEは31日、中国の関連会社から個人情報が閲覧可能だった問題を受け、個人情報の取り扱いを定めた「プライバシーポリシー」を改定したと発表した。従来は個人データを「第三国に移転する場合がある」としていたが、韓国、ベトナムなど初めて移転先の国・地域名を明示した。個人データの保管場所についても「主要データは日本」としていたが、「日本および韓国のデータセンターで保管」と書き換えた。

LINEによると、韓国とベトナムでは対話アプリの補助的なサービスを開発する目的などで、子会社や外部の委託先企業が国内利用者の個人データにアクセスすることがあるという。いずれも「委託契約で適切なセキュリティー管理など、パーソナルデータ保護へ必要な措置を講じている」としている。

中国の委託先については既に業務を終了して個人情報へのアクセスを遮断しているとし、対象国に含んでいない。このほか、日本語以外の言語による利用者からの問い合わせ対応のため、タイ、台湾、インドネシア、韓国、フィリピンから個人データにアクセスするケースもある。

LINEは対話アプリの画像や動画、キャッシュレス決済のデータの一部を韓国のサーバーで保管していることを明らかにしている。23日の記者会見では、プライバシーポリシーで海外移転先を明示していなかったことは問題だったと表明。画像、動画のデータは6月までに国内サーバーへの移管するとしている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン