/

この記事は会員限定です

児童虐待のリスク分析 日本コンピューター、自治体向け

[有料会員限定]

保健所向けシステム開発の日本コンピューター(北九州市)は、保健所や児童相談所のデータを集約し、児童虐待のリスクを分析するシステムを開発した。それぞれが持つデータを連携して情報共有を進めたり、子どもへの支援の拡充につなげたりする。業務の効率化にもつながるとみており、4月以降、自治体向けに提供を始める。

保健所が持つ、母親が妊娠した際のアンケートの回答や生まれた後の健診の受診状況などのデータと、児童相...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り248文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン