/

この記事は会員限定です

越境EC、日本人利用増 安さや品数豊富 SNSが指南

[有料会員限定]
NIKKEI MJ

海外の通販サイトなど国境を越えて商品を購入する越境EC(電子商取引)が急拡大している。日本未発売の商品や安さを求めて購入する消費者が増加。日本語で購入方法を説明するSNSのほか、配送や決済サービスが整備されたことも後押ししている。コロナ禍で海外渡航ができないなか、越境ECは世界的に広がる。国内メーカーも失った訪日外国人消費を補うため、大手から中小までが越境ECを強化する。消費のボーダーレス化は加速...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3472文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経MJ

創刊50周年を迎えたマーケティングの専門紙「日経MJ」のコンテンツをまとめてお読みいただけます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン