/

この記事は会員限定です

清水建設、木造ビルでCO2排出削減 ロボで職人技

[有料会員限定]
NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

清水建設がテックを活用した伝統技能の継承に挑んでいる。「仕口」という2つの木材を精密に接合する技術を機械加工で可能にする。

日本の伝統的な建築では自然の木をそのまま柱や梁(はり)につかう。そこではくぎを使わずに木材と木材を接合する「仕口」という特殊な加工が発達してきた。例えば柱に梁を接合する場合、柱と梁の接点には高い負荷がかかるため、損傷しやすい。建物の強度を保つために、接合部分の出っ張っている部分と挿入...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1589文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン