/

この記事は会員限定です

スパイバーが250億円調達 人工たんぱく質、米で量産

[有料会員限定]

人工たんぱく質開発のスパイバー(山形県鶴岡市)は30日、250億円の資金を調達したと発表した。同社の有形資産や無形資産を担保に幅広い投資家から資金を募る「事業価値証券化」という手法を用いた。獲得した資金で、人工たんぱく質の米国での量産体制を構築する。

証券化のアレンジャー(とりまとめ役)は三菱UFJモルガン・スタンレー証券が務めた。三菱UFJ銀行をはじめ、国内の投資家らが参画した。スパイバーの研究...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り266文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン