/

楽天モバイル、自社回線で契約200万件超え

楽天は30日、自社回線による携帯電話サービスの契約の申込数が累計で200万回線を超えたと発表した。4月上旬に新規参入で商用サービスを始め、6月末に100万回線に達していた。NTTドコモなどが低価格のプランを公表し、競争が激しさを増しているが、「新規契約の獲得スピードは落ちていない」(楽天モバイル)とする。

初年度は300万人を対象に、月額2980円の利用料金を無料にしている。当初は2020年末までに300万人の契約を目指していて未達になったが、楽天は携帯大手から通信回線を借りる仮想移動体通信事業者(MVNO)の事業でも約200万人の契約者を抱える。今後は楽天のMVNO事業の契約者の自社回線サービスへの移行促進、大手への対抗策が焦点になる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン