/

LIXIL、泡が出るシャワーを改良 取り付け簡単に

シャワーヘッドからきめ細かい泡が発生し、全身を包む

LIXILは30日、きめの細かい泡が出るシャワーを改良して販売すると発表した。2019年に発売した前回モデルよりも浴室に取り付けやすくした。子会社を通じてクラウドファンディング「マクアケ」のサイトで予約販売する。新型コロナウイルス禍で在宅時間が増える中、快適な住環境を求める人らの需要を狙う。

製品名は「KINUAMI U(絹浴み [結])」。LIXIL子会社で住宅設備機器販売のニットーセラ(愛知県常滑市)が扱う。シャワーヘッドから温かくきめ細かい泡せっけんを出せるのが特徴で、肌を優しく洗うことができる。

商品は壁に磁石で取り付ける本体やシャワーヘッド、ホースで構成されている。前のモデルは高密度な泡を生むためのコンプレッサーを浴室の外に置く必要があったが、今回はこれを本体に内蔵して構成品を減らした。前回は外部電源につなぐ方式だったが、改良版はバッテリー式にしたのでコードも不要になり、取り付けやすくなった。

本体のハンドルを操作すると、シャワーヘッドから放出されるお湯が泡せっけんに切り替わる。前は小さなつまみで切り替えていたが、大型のハンドルにして使いやすくした。

LIXILの浅野靖司・新規事業推進部長は「おうち時間の新たな入浴様式を提案したい」と話す。マクアケでは6月30日まで、100万円を目標に資金を集める。商品の参考価格は送料込みで7万6780円。まず300台の販売を目指し、反響次第で増産する。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン