/

この記事は会員限定です

インパクト投資、新興と二人三脚 社会課題の解決後押し

リアルテック、100億円規模ファンド

[有料会員限定]

社会課題を解決するスタートアップに投資する「インパクト投資」ファンドを立ち上げる動きが相次ぐ。ベンチャーキャピタル(VC)のリアルテックホールディングス(HD、東京・墨田)は100億円規模のファンドの運用を始めた。財務リターン以外の判断軸を持つ投資家が増え、起業家にとっては創業の志を貫きやすくなる。

研究開発型に最大3億円投資

リアルテックHDは2020年6月に運用を開始した3号ファンドに、社会な...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1638文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン