/

ANA、沖縄国際物流ハブで旅客便活用へ

ANAホールディングス(HD)は29日、那覇空港を国際航空貨物の集積拠点(ハブ)とする体制について、従来の貨物専用機中心の運用から旅客便の貨物スペースを活用する形に改めると発表した。海外の航空会社のほか傘下の格安航空会社(LCC)ピーチ・アビエーション(大阪府田尻町)の旅客便も活用する。固定費を抑制するとともにネットワークの拡充につなげる。

那覇空港の「沖縄国際物流ハブ事業」は沖縄県とANAグループが2009年から共同事業で取り組んできた。ただ、想定より貨物の取り扱いは低迷していた。新型コロナウイルスの感染拡大で航空貨物の需要が急増したが、時間のかからない直行便のニーズが中心で荷物を多く積める専用機は成田空港での利用が目立つ。那覇空港を発着の専用機による貨物便は全便運休しており、2021年度以降も運休の継続を決めていた。

その一方で、地方などに潜在的な輸送需要もあると判断し、輸送スペースは小さいものの、維持費などのコストも少ないLCCの機材や海外の航空会社の利用を決めた。ピーチや海外の航空会社と貨物スペースの利用契約を結び、重量に応じて使用料を払う形とすることで固定費を抑える。那覇から日本国内各地への輸送にはANAの国内線旅客便のベリーを活用する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン