/

この記事は会員限定です

抗ウイルス、素材に新潮流 東洋紡が空調用フィルター

住友化学と三菱ケミカルはアクリル板

(更新) [有料会員限定]

素材各社が抗ウイルス効果のある製品を相次ぎ投入する。東洋紡は空調フィルターなどに使う不織布を開発した。住友化学や三菱ケミカルも2021年内にスーパーや飲食店の間仕切りに使うアクリル板を発売する。新型コロナウイルス禍の長期化で消費者の衛生意識が高まるなか、抗ウイルス性素材が新たな製品ジャンルとして広がりそうだ。

各社が投入するのは薬剤などの力でウイルスの活動を止める効果がある素材だ。

東洋紡が4月に発売する不織布...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1403文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン