/

この記事は会員限定です

バイト求人3割減、インターンや単発業務に流れる学生も

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染「第3波」による飲食店の営業時間短縮などの影響でアルバイトの需要が減っている。直近のアルバイトの求人広告件数は前年に比べて約3割減った。収入源を失った学生は単発バイトやインターンシップ(就業体験)などに流れている。一方で介護や建設では募集が増えており、需要と供給のミスマッチが起きている可能性がある。

人材業界向けサービスのフロッグ(東京・千代田)が「タウンワーク」など主要な...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1112文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン