/

この記事は会員限定です

JAL、P&Wエンジン搭載の「777」全機退役 1年前倒し

(更新) [有料会員限定]

日本航空(JAL)は5日、米プラット・アンド・ホイットニー(P&W)製のエンジンを搭載した米ボーイングの大型機「777」を全機退役させたと発表した。米ユナイテッド航空が同型エンジンを搭載した777で部品落下事故を発生し、2月以降に運航できない状態が続いており、退役時期を1年前倒しする。早期の退役で整備コストを抑える。

PW製エンジンを積んだ777は13機あり、2021年3月期中に6機、22年3月期に7機を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り824文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン